円が上昇、対ドルで15年ぶり高値更新-一時1ドル=82円88銭

東京外国為替市場では、円が対ドル で上昇。一時、1ドル=82円88銭となり、前日の海外市場で付けた15年 ぶり高値(82円93銭)を更新した。米連邦準備制度理事会(FRB)の 追加資産購入観測を背景に米長期金利が低下したことでドル安・円高圧 力につながっている。また、民主党代表選で再選された菅直人首相の円 売り介入姿勢を試す動きも出ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE