クレディS:資産運用部門の資金獲得目標堅持-新興市場の伸び見込む

スイスの銀行2位、クレディ・ スイス・グループは資産運用部門の2012年の新規資金獲得目標を堅 持している。新興市場が西欧の伸び鈍化を補うとみている。

同社が1年前に発表したところでは、同部門は2012年末までに 1750億-2250億スイス・フラン(約14兆5900億-18兆7600億 円)の純流入を目標としている。同社は08年以来、1000億フラン を超える資金を集めており、うち60%以上がスイス国外からだと、プ ライベートバンキング部門の責任者、ワルター・ベルヒトルト氏は14 日、チューリヒで記者団に対し語った。

同氏はプレゼンテーションの後に、「われわれはおおむね目標を 堅持している」と指摘。同国銀行業界の秘密主義をめぐる論争で伸び が損なわれる見通しであることから、西欧の目標は若干下方修正したと 付け加えた。

ベルヒトルト氏によると、ウェルスマネジメント事業が新興市場 に成長の場を移す中で、クレディ・スイスはアジアや中東、中南米、 東欧で新規顧客を集めている。世界のオフショア資金の27%を運用 すると推定されるスイスのプライベートバンク各行は、米国やフラン ス、ドイツからの秘密主義への批判が顧客の脱税問題をめぐる調査拡 大に発展したことを受けて、苦しい対応を迫られている。

同氏は「銀行の秘密主義をめぐる問題が解決するまで、特に西欧 の近隣諸国と同様に、スイスの伸びは緩やかなものにすぎないだろう」 と予想。「われわれはこの問題を解決する必要がある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE