日銀総裁:為替相場の安定的な形成への寄与を期待―介入受け談話

【記者:伊藤辰雄】

9月15日(ブルームバーグ)日本銀行の白川方明総裁は15日午 前、財務省による為替介入を受け、「為替相場の安定的な形成に寄与 することを強く期待する」との談話を発表した。

白川総裁は「米国経済を中心に先行きをめぐる不確実性が高まっ ており、為替相場や株価の不安定な動きが続く下で、わが国経済の下 振れリスクに注意が必要な情勢にある」との認識を示した。

総裁は「日本銀行としては、強力な金融緩和を推進する中で、今後 とも金融市場に潤沢な資金供給を行っていく」との方針を示した。