金融機関で働く欧州人、転職に最も悲観的なのはドイツ人-調査

金融業界で働くドイツ人は、他の 欧州同業者よりも新たな職を見つけることに悲観的だ。求職ウェブサ イトeファイナンシャルキャリアズの調査で明らかになった。

転職が「容易だ」と回答したドイツ人は35%だったのに対し、英 国では42%、フランスでは48%、スイスは58%だった。調査はeフ ァイナンシャルキャリアズの委託でモーラー・コンサルティングが 1891人を対象に6-7月に実施した。

ブルームバーグの集計によると、世界の金融機関が金融危機で削 減した従業員数は約35万人。今回の調査によると、金融業界で働く ドイツ人の15%が失業への懸念を示した。同様に回答した割合は英国 で17%、フランスでは26%だった。