債券は大幅高、日銀非不胎化介入の観測で-長期金利2週間ぶり低水準

債券相場は大幅続伸。長期金利は 2週間ぶり低水準を付けた。追加緩和観測を背景に前日の米国債相場 が上昇したことを受けて買いが先行した。その後、政府・日銀が6年 半ぶりに為替介入に踏み切ったことで、いったんは相場の上値が重く なったものの、介入資金を放置する「非不胎化」を行うとの観測から 再び買い直された。

三菱UFJ投信運用戦略部の石金淳シニアストラテジストは、「非 不胎化介入であれば、円資金が市場に増えることで金融緩和の効果が ある。市場に資金が出る分、株式、債券とも両方上がることになる」 と述べた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の310回債利回 りは、前日比4.5ベーシスポイント(bp)低い1.06%で始まった。いっ たんは0.5bp低い1.10%まで低下幅を縮めたものの、午後に入ると再 び水準を切り下げ、3時過ぎには7bp低い1.035%と今月1日以来、 2週間ぶりの低水準を付けた。その後は1.04%で推移している。

野田佳彦財務相はこの日午前、財務省内で会見し、急速な円高進 行を受けて、6年半ぶりに円売り・ドル買い介入を実施したことを明 らかにした。

為替介入を受けて、東京外国為替市場でドル・円相場は15年ぶり の円高値1ドル=82円88銭を付けた後、85円台に急反落。日経平均 株価は急反発し、債券相場も午前の終了にかけて売られた。大和住銀 投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリーダーは、「菅直 人首相の再選を受けて年金基金などが超長期や長期債に買いを入れ、 大幅高となっていたが、為替介入を受けて利益確定売りが出た。先物 も142円台に乗せていたのが、上値が重くなった」と説明した。

しかし、午後に入ると再び債券買いが優勢になった。日経英語ニ ュースが、日銀が円売り介入で市場に供給される資金を吸収しない方 針を固め、為替介入と資金を放置する「非不胎化」を同時に行うと報 じた。岡三証券の坂東明継シニアエコノミストは、午後に債券相場が 再び上昇した理由について、日銀が介入による円資金を吸収しないと 伝わったためだろうと指摘。「これは実質的な金融政策で効果はあると 以前から言われていた」とも話した。

日本銀行の野田忠男審議委員は15日、下関市内で会見し、政府が 同日午前に円売り介入を行ったことについて、「介入資金の活用を視野 に入れながら潤沢に資金供給を行っていくことになるのではないか」 としながらも、「介入がそのまま当座預金の増加にストレートに結びつ くわけではない」と発言した。

野村証券の松沢中チーフストラテジストは、日銀が政策金利誘導 目標0.1%に対して、翌日物金利の下振れの可能性を単に放置するの か、政策変更として公式に発表するかに注目している。また、政策目 標は動かさないが、翌日物金利の下振れを一時的に許容することを「な お書き」で入れる形になれば、一種の金融緩和との見方を示した。

現物市場では、超長期債は大幅高。新発30年債利回りは一時

13.5bp低い1.88%まで低下した。新発20年債利回りも前日終値を大 きく下回っている。ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、 「民主党代表選で小沢一郎前幹事長が負けたことにより、利回り曲線 の傾斜化の要因となっていた財政拡大リスクがほぼ消えた。市場には 安心感が出ている」と語った。

先物は142円台回復

東京先物市場で中心限月12月物は、前日比42銭高の141円80 銭で始まった。為替介入後に日経平均株価が急反発すると、いったん 20銭高まで上げ幅を縮小した。しかし午後に入って、再び買いが膨ら むと75銭高の142円13銭まで上昇し、中心限月ベースで3日以来の 高値を付けた。結局は74銭高の142円12銭と、この日の高値圏で引 けた。

JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは、「為替 介入でいったん乱高下したものの、債券市場は介入によって景気が良 くなるとは見ておらず、落ち着いている。生命保険などは9月期末を 控え、これまで買えていなかったので買わなければいけない面がある」 と述べた。

前日の米国市場の流れを引き継いで買いが先行した。14日の米国 債相場は上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)が借り入れコストを 抑え、景気を浮揚させるために年内にさらに国債購入プログラムを発 表するとの観測を背景に、米10年債利回りは9bp低下の2.67%程度 となった。

JPモルガン証の山脇氏は、「欧米金利も低下基調に戻っており、 10-12月期にFRBが追加緩和するとの見方も増えてきた。その場合、 日銀は10-12月期に追加緩和に追い込まれる可能性も残る」と指摘し た。

--取材協力:近藤雅岐、菅野顕一郎 Editor:Hidenori Yamanaka,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net