IMF:ギリシャ改革計画は力強いスタート、成長にリスク

国際通貨基金(IMF)は14日、 ギリシャがIMF融資に伴う経済改革計画の実行で「力強いスタート」 を切ったと述べる一方、経済低迷による歳入不足を抑制するために徴 税の改善が必要だと指摘した。

IMFは先週ギリシャへの25億7000万ユーロ(約2800億円)の 融資実行を承認した後で、スタッフリポートを公表した。IMFは融 資承認に先立ち、欧州連合(EU)との救済策の下での同国の財政緊 縮策の進ちょく状況を審査した。

14日付リポートでIMFは「重要な課題は引き続き、持続可能な 財政の回復、金融セクター安定の確保、そして競争力の改善だ」と指 摘。ギリシャの財政状況に「引き続き圧力が存在する」中で、「税務上 の行政改革を前進させることが重要な優先課題だ」との見方を示した。

ギリシャの経済見通しについては据え置いた。国内総生産(GD P)は今年4%減、来年は2.5%減の見通し。インフレ予想は上方修 正した。

その上でIMFは、同国の競争力の弱さと外部環境により景気の 下振れリスクが現実となる恐れがあると述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE