ロンドン外為:円急落、一時85円52銭-政府・日銀が6年半ぶり介入

15日の外国為替取引では円が急落。 政府・日銀がこの日、6年半ぶりの円売り介入に踏み切ったことから、 1995年以来の高値から値を崩した。

ロンドン時間午前10時(日本時間午後6時)現在、2.9%安の1 ドル=85円43銭。一時は昨年2月以来の下げ幅となる3%下げ、85 円52銭となった。14日の米市場では一時、82円88銭を付けていた。 対ユーロでも2.7%下落し、1ユーロ=110円78銭。

To contact the reporters on this story: --* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Matthew Brown in London at mbrown42@bloomberg.net; Yasuhiko Seki in Tokyo at yseki5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE