ラッカー総裁:成長支援で金融政策ができることほとんどない-WSJ

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は2011年は緩やかな成長になるだろうと予想した。米紙ウォールストリ ート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで語った。同総裁は先週 末のWSJとのインタビューで、「米経済は成長の非常に現実的な障害 に直面しており、金融政策がこれに関してできることはほとんどない」 との見解を示した。