欧州債:独10年債、5日ぶりに上昇-ZEW景況感が予想以上に悪化

欧州債市場ではドイツ10年 債相場が5営業日ぶりに上昇。この日発表された9月のドイツ景況感 指数が予想以上に悪化し、景気減速が示唆されたことが背景にある。

10年債利回りは低下。前日には1カ月ぶり高水準に達していた。 ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW)がまとめた9月の独景況 感指数はマイナス4.3と、8月の14.0から急低下した。5カ月連 続の悪化で、2009年2月以来の低水準となった。ブルームバーグ・ ニュースがエコノミスト36人を対象に実施した調査の中央値では

10.0が見込まれていた。

この日は、ギリシャが26週物証券11億7000万ユーロを発行 したほか、オランダは2013年償還証券を28億ユーロ入札した。

モニュメント・セキュリティーズの債券ストラテジスト、マー ク・オストワルド氏(ロンドン在勤)は、「ドイツ国債の動向はZE W指数が主な材料だったことを示唆しており」、同国債の下落を見込 んだ取引の解消を促す公算が大きいと指摘。「ドイツ国債は当面、リ スク意識が原動力となり続けるだろう」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時21分現在、独10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(1bp、bp=0.01%)低下し2.37%。前日 は2.47%まで上げ、先月11日以来の高水準となった。同国債(表 面利率2.25%、2020年9月償還)価格は0.5ポイント上げ98.96。 2年債利回りは2bp下げ0.72%。13日には8月11日以来の高水 準となる0.76%まで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE