ギリシャ:6カ月物政府証券、救済後2回目の入札で利回り上昇

ギリシャ政府は14日、欧州連合(E U)が取りまとめた救済を5月に発動して以来2回目となる6カ月物 証券の入札を実施した。利回りは前回に比べ上昇した。

ギリシャは26週物証券11億7000万ユーロ(約1250億円)を発 行。利回りは4.82%と7月の前回入札時の4.65%を上回った。応札倍 率は4.5倍。前回入札時は3.64倍だった。ギリシャ公的債務管理庁(P DMA)のクリストドゥル長官がインタビューで述べた。

バークレイズの債券ストラテジスト、ジュゼッペ・マラフィーノ 氏は「短期証券の入札がギリシャへの市場の信頼や同国が資本市場に 復帰できることの目安になるとは思わない」とし、債券市場では外国 人投資家の役割が大きいと指摘した。

ギリシャ10年国債とドイツ債との利回り格差はこの日午前に一 時900ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に拡大した。

ギリシャは13日、救済の2回目分となる65億ユーロの融資を受 けた。EU融資の金利は5%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE