スリランカの外貨建て債務格付け、「B+」に引き上げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は14日、スリランカの外貨建て債務格付けを 「B+」とし、これまでの「B」から引き上げたと発表した。格付け見 通しは「ステーブル(安定的)」。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE