香港株(終了):上昇、ハンセン指数は4日続伸-工商銀が高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数は4営業日続伸した。香港の住宅価格が今後も上昇するとの見通し や、アジアの銀行に増資の必要はないとの見方が手掛かりとなった。

中国工商銀行(1398 HK)は1.5%高。国際決済銀行(BIS)バ ーゼル銀行監督委員会が発表した新たな自己資本規制はアジアの銀行 の株価上昇に寄与すると、ドイツ銀行のアナリストが指摘したことが 好感された。不動産開発を手掛けるスワイヤー・パシフィック(19 HK) は3.4%、チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は1.7% それぞれ上昇。英不動産ブローカー、ナイト・フランクは、香港住宅 価格は来年、世界一の上昇率となる公算が大きいと予想した。

中国2位の保険会社、中国平安保険(集団、2318 HK)やインター ネット大手のテンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)も高い。

ハンセン指数は前日比37.69ポイント(0.2%)高の21696.04と、 先月9日以来の高値で終了。年初来では0.8%下げている。ハンセン 中国企業株(H株)指数は前日比0.4%高の12135.51。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「経 済情勢に若干改善の兆しがあり、これが景気の二番底懸念の緩和につ ながった」と指摘。「リスク志向も戻りつつある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE