豪NAB:アクサ・アジア買収、豪州・NZ事業取得を断念

豪銀ナショナル・オーストラ リア銀行(NAB)は、資産運用会社アクサ・アジア・パシフィッ ク・ホールディングスを買収する計画を断念した。同社が14日、 明らかにした。

NABのキャメロン・クライン最高経営責任者(CEO)は発 表文で、買収の「合意にこだわることは株主の利害にとって最善で はない」と説明した。豪競争・消費者委員会(ACCC)は9日、 NABによるアクサ・アジアの買収計画について、あらためて承認 を拒んだ。

買収総額は133億豪ドル(約1兆330億円)となるはずだっ た。NABの断念により、資産運用で豪州2位のAMPは10カ月 に及ぶ買収合戦で勝利に近づいた。ただ、AMPが昨年12月に提 示した129億豪ドルの案はアクサ・アジアに拒否されており、A CCCからもまだ承認を得ていない。

NABもAMPも、アクサ・アジアの豪州・ニュージーランド 事業を保持し他部門はアクサ・アジアの親会社の仏アクサに売却す る計画。アクサはアクサ・アジアの株式54%を保有している。