議員票分裂で小沢氏要職へ、一時円安も-みずほコーポ・唐鎌氏(訂正

みずほコーポレート銀行国際為替 部マーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏は、14日の民主党代表選で 菅直人首相が再選されたことや為替相場への影響について、以下の通り コメントした。

選挙結果について:

「国会議員票が半分に割れており、挙党一致ということを考える と、菅首相は小沢一郎前幹事長を重用して、要職に付けざるを得ない。 国債増発を伴うかどうかは別として、小沢氏の主張する財政拡大をある 程度受け入れざるを得ないだろう」。

ドル・円相場について:

「選挙結果だけで一方的にドル安・円高が進むとは思わない。財 政拡大に踏み切るとなれば、一時的にドル高・円安が進む場面もあるだ ろう。ただ、年内の相場で見通せば、やはりドル・円はさらに年初来安 値を更新するだろう」。