米リーマン:破たん処理で支払う手数料、20億ドル超の公算-FT紙

2年前の米リーマン・ブラザーズ・ ホールディングスの経営破たんは、弁護士と会計士に計20億ドル(約 1700億円)超の手数料収入をもたらす可能性が高い。英紙フィナン シャル・タイムズ(FT)が報じた。ただ、法務サービスの一部は割 引料金で提供されたという。

同紙によると、米国での手数料は7月に9億1700万ドルに到達。 今月には10億ドルを上回る公算が大きい。欧州部門の閉鎖関連費用 もほぼ9億ドルに上っている。

ただ専門家らは、破たん時に6910億ドルに達していたリーマン のバランスシートに比べれば、手数料の規模は小さいと指摘している と、同紙は伝えた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Purkiss in London on +44 20 7330 7760 or apurkiss@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Colin Keatinge in London at +44-20-7673-2494 or ckeatinge@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE