DNA株が2カ月半ぶり高値、米ゲーム会社買収で海外進展(訂正)

携帯情報サイトを運営するディ ー・エヌ・エー(DNA)の株価が5営業日続伸。前日比1.9%高の 2663円まで買われ、6月28日以来、約2カ月半ぶりの高値に戻した。 米国で無料ゲームアプリを提供するゲームビュー・スタジオズ社を買収 したと13日に発表、海外事業の拡大などが期待された。

ゲームビューは今年6月に米ベイビュー・ラブスのゲーム部門が分 離・独立した会社。米アップルの高機能携帯電話「アイフォーン」など に交流型無料ゲームを提供している。主力は魚を集める「タップ・フィ ッシュ」や鳥を集める「タップ・バード」で、両アプリは7月のアップ ルストアの無料アプリランキングで相次ぎ1位を獲得したという。

DNA広報部長の金子哲宏氏によると、ゲームビューは北米を中心 に累計1000万件のダウンロードを獲得、アプリ提供は基本的に無料と し、アイテム販売などで収益を得る戦略。金子氏は、今回の買収総額や ゲームビューの業績寄与額などは非公開とした。

コスモ証券投資調査部の川崎朝映シニアアナリストは、会社側が中 長期的な成長のため今秋から海外進出を本格化させるとしていたことか ら、「公約通り、米社買収で海外展開の具体的な姿を示せたことはポジ ティブ」と評価、「海外でスマートフォン向けの交流型ゲームをつくる ための人材を確保できた点が一番のポイント」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE