中国の7月景気先行指数、0.5%上昇-3カ月連続で改善

中国の7月の景気先行指数は3カ 月連続で上昇した。景気拡大ペースの減速が一段落したことを示す新 たな兆候と受け止められる。

米民間調査機関コンファレンス・ボードの14日の発表によれば、 7月の景気先行指数は前月比0.5%上昇の147.6となった。コンファ レンス・ボードがウェブサイトに掲載した報告によれば、6月は0.7% の上昇(改定値)、5月は0.9%の上昇だった。

コンファレンス・ボードの北京在勤エコノミスト、ウィリアム・ アダムズ氏は7月の指数上昇について、「緩やかな景気拡大が年末まで 続くことを示唆している」と指摘。その一方で、「ここ数カ月、指数の 構成項目の間で強さの広がりがこれまでほど見られなくなっており、 製造業や投資、消費の各部門で成長のむらが拡大する可能性がある」 と付け加えた。