米掘削停止反対派:地裁判事の凍結解除命令、支持するよう高裁に要請

米沖合油田サービス各社は、ニュ ーオーリンズの連邦高裁に対し、メキシコ湾での深海掘削の凍結措置の 解除を命じた連邦地裁判事の決定を支持するよう求めた。

英BPの油井の原油流出事故を受け、米政府は5月、水深500フィ ート(約152メートル)以上の深海での掘削を禁止した。米ホーンベッ ク・オフショア・サービシズなどの油田サービス会社が、掘削停止措置 は回復不能な経済的損失につながるとして提訴。ニューオーリンズの連 邦地裁のマーティン・フェルドマン判事は6月22日、掘削停止措置を 解除する判断を命令した。

油田サービス会社側は13日、連邦高裁に対し、フェルドマン判事 の命令を支持するよう要請。米内務省が7月12日に発表した新たな凍 結措置について、最初に発表された措置の「ミラーイメージ(鏡像)」 のように類似していると指摘した。米政府は連邦高裁に対し、フェルド マン判事の命令を解除するよう求め、ホーンベックなどによる訴えは新 たな凍結措置に照らすと関連性がないとして、この訴えを退けるよう要 請していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE