【テクニカル分析】原油、ゴールデンクロス形成-上昇の兆しに疑問符

原油先物相場では50日移動平均 線が100日移動平均線を下から上へ突き抜ける「ゴールデンクロス」が 形成された。50日移動平均線が100日移動平均線を上回ったのは6月 以降で初めて。

ゴールデンクロスは短期的な指標が長期的な指標を上回るときに形 成され、価格上昇の兆しとされている。米コンサルタント会社ショー ク・グループによると、今回は上昇の兆しにはならない可能性もある。 移動平均線が上昇しているときにはゴールデンクロスは形成されないの が通例だからだ。

ショーク・グループのスティーブン・ショーク社長はペンシルベニ ア州ビラノーバからの電話インタビューで、「相場に関してやや混乱を 招くシグナルになっている。50日、100日、200日移動平均線が同方 向に動くまではトレンドが形成されたとは言えない」と述べた。

13日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物価格の 50日移動平均線は76.36ドル。100日移動平均線は76.22ドル。6 月10日以降、50日移動平均線は100日移動平均線を下回っていた。 前回、ゴールデンクロスを形成したのは2月中旬。

8月以降、50日移動平均線も100日移動平均線も下落している。 50日移動平均が100日移動平均を上回ったのは下げが緩やかだったた め。

ショーク氏によると、原油価格は13日、8月12日以降で初めて 200日移動平均線に近づき「本格的な上値抵抗線」に直面した。1バレ ル当たり77.47ドル近辺にある200日移動平均線を今後数日中に上抜 けないと、「70ドル台前半」に下落する可能性があるという。

最後にゴールデンクロスを形成した2月中旬以降の3カ月間に、原 油価格は約16%上昇した。5月3日には年初来高値の87.15ドルを付 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE