【個別銘柄】輸出、HIS、日ゼオン、銀行、電産トソク、クルーズ

きょうの日本株市場で、株価変動 材料の出た銘柄の終値は以下の通り。

輸出関連株:トヨタ自動車(7203)が前日比1.7%安の2899円、 東芝(6502)が1%安の396円、ファナック(6954)が1.1%安の9740 円など。為替相場で円高が進行、一時1ドル=83円25銭と1995年5 月31日以来、約15年ぶりの円高値を更新し、収益懸念から売りが先 行した。TOPIXの下落寄与度上位は輸送用機器、電機など。

エイチ・アイ・エス(9603):9.6%安の1760円と急反落。航空需 要の回復に伴い航空座席の確保、価格競争が業界内で厳しくなり売上 高が減少、2010年10月期の連結営業利益予想を従来計画比12%減額 し、前期比12%減の63億円に見直した。収益環境の先行きを不安視 した売りが広がった。

日本ゼオン(4205):5.5%安の624円。同社の液晶テレビ向け位 相差フィルム「ゼオノア」のシェアが足元で想定以上に低下している と一部アナリストが指摘し、業績懸念が高まった。クレディ・スイス 証券の簡野邦彦アナリストは13日付リポートで、位相差フィルムの主 要顧客であるサムスンパネル(S-LCD含む)の調達スタンスの変 化により、想定以上にコニカミノルタホールディングスのnTACの シェアが高まっているもようと指摘した。

JR東日本(9020):2.4%安の5360円。旅客需要が本格回復して いない中で鉄道車両などの投資を積極化させているため、投資による 収益貢献が期待ほどにならないとの見方が出ている。ドイツ証券では、 投資判断を「買い」から「ホールド」へ引き下げた。

銀行株:三井住友フィナンシャルグループ(8316)が1.2%高の 2617円、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が0.7%高の 414円と続伸。国際決済銀行(BIS)のバーゼル銀行監督委員会が 12日、国際業務を行う銀行の健全性を維持する新たな自己資本規制を 発表。不透明感の後退で銀行株を見直す動きが続いた。ドイツ証券の 山田能伸アナリストは13日付の投資家向けメモで、邦銀への影響につ いて「公的資金の取り扱いなど未定の部分が残っているが、すでに規 制対応の増資は終わったと思われる」と指摘した。

タカラレーベン(8897):2.8%安の445円。これまで未公表だっ た4-9月(上期)の連結業績予想を13日に発表、営業利益は前年同 期比1.8%減の18億7500万円の見通しとなった。ブルームバーグ・ データに登録されたアナリスト3人の通期予想の平均48億3300万円 に対する進ちょく率は39%にとどまり、業績懸念から売りが先行した。

日本電産トーソク(7728):4.3%高の1875円。9月末の株主を対 象に1株を2株に株式分割する、と前日に発表。流動性の向上、株主 還元姿勢などを評価した買いが優勢になった。

コニシ(4956):3.3%高の986円。ボンド事業部門で一戸建て住 宅を中心とした住宅関連が持ち直している上、耐震補強など工事用関 連も堅調に推移、4-9月(上期)の連結営業利益は従来予想比56% 増の20億円の見通しになったと前日に発表した。収益環境の好転が評 価された。

クルーズ(2138):午後急伸し、8.5%高の29万5000円。9月末 の株主を対象に1株を2株に分割する、と午後零時に発表。今後の流 動性の向上などを見込む買いが活発化した。

タビオ(2668):2%安の593円。一時586円と約5年ぶりの安値 を付けた。昨年好調だった「トレンカ」「レギンス」などの需要が一巡 し、3-8月(上期)の連結営業損益は1億4400万円の赤字に転落し たもよう、と13日に発表。従来予想は2400万円の黒字。前年同期は 2億6400万円の黒字だった。

協立エアテック(5997):26%高の325円。発行済み株式数の

17.68%に当たる110万株、金額で2億8600万円を上限に自己株式を 取得すると13日に発表した。取得期間は17日から24日まで。需給好 転期待から買いが優勢になった。

ディー・エヌ・エー(2432):1.8%高の2660円。同社は13日、 米連結子会社を通じ、スマートフォン向けソーシャルゲームアプリを 開発、提供している米Gameview Studiosの持ち分を100%取得し、子 会社化したと発表。海外展開力の強化を見込む買いが先行した。

伊藤忠テクノソリューションズ(4739):1.8%高の2863円。独立 系調査会社のTIWは13日、投資判断を「中立プラス」から「ポジテ ィブ」に引き上げた。

ココカラファインホールディングス(3098):午後の取引でプラス 転換し、2.6%高の1718円。10月1日にアライドハーツ・ホールディ ングスとの合併を予定しているほか、連結子会社のセイジョーが9月 1日に株式会社いわいのドラッグ・調剤事業を譲り受けたことなどを 受け、11年3月通期の連結純利益予想を従来の31億円から前期比47% 増の61億4000万円に増額修正する、と午後1時に発表した。

スタートトゥデイ(3092):4.4%高の24万6800円。ラグジュア リーブランドを扱うショッピングサイト「ZOZOVILLA」に、国内外人気 ブランドの「マークジェイコブス」のオフィシャルオンラインショッ プ2店舗がオープンした、と14日に発表した。

ワークスアプリケーションズ(4329):1.3%高の4万500円。米 アマゾン・ドットコムと組み、ネットワーク経由でソフトを提供する クラウドコンピューティングのサービスを始めると14日付の日本経 済新聞朝刊が報道。ワークスアは午後零時すぎ、大手法人向けにアマ ゾンのパブリッククラウド環境を利用したサービスの提供を開始する と正式発表し、商機拡大を見込む買いが優勢だった。

フライトシステムコンサルティング(3753):ストップ高となる 7000円(17%)高の4万8600円で一部配分。同社は午後零時すぎ、 前日に取り下げていた第三者割当により発行される第7回新株予約権 の募集に関する有価証券届出書について、割当日・払込期日を従来の 9月27日から同30日に変更するなどし、あらためて関東財務局へ提 出したと発表した。

デジタルデザイン(4764):ストップ安となる5000円(20%)安 の2万500円。ビジネステクノロジー事業でBPMコンサルティング の立ち上がりが難航、リアルエステート事業で大型仲介案件の成約が 遅延したことなどで、2-7月(上期)の連結純損失が1億1400万円 と前年同期の6300万円から赤字幅が拡大した、と13日に発表した。