菅首相が民主代表に再選-ねじれ国会へ挙党態勢構築が課題(Update2

民主党は14日午後、東京都内で開 いた臨時党大会で、任期満了に伴う代表選を行い、現職の菅直人首相 が小沢一郎前幹事長を破り、再選された。

報道各社の世論調査で高い支持を得ていた首相が「政治とカネ」 の問題を抱えていた小沢氏をかわした。菅首相は、参院で野党が多数 派を占め、予算関連法案などが国会を通らなくなる「ねじれ国会」に 直面する。小沢氏の処遇を含め、首相が党役員や閣僚人事などを通じ て挙党態勢を構築できるかが課題となる。

政策研究大学院大学の飯尾潤教授は、代表選について「順当な結 果だ。意外と小沢氏が健闘したのは、予想以上に菅首相の党運営に対 する不満が強かったということだ」と分析。「人事だけではなく、本当 の意味の挙党態勢、納得できる意思決定システムができるかどうかだ。 これだけ小沢氏が取ると、無視もできない」と語った。

代表選は同党所属の国会議員と地方議員、党員・サポーターが投 票し、有効票合計1212ポイント中、菅首相は721ポイント、小沢氏は 491ポイントを獲得した。このうち、党員・サポーターでは小沢氏51 対菅氏249、地方議員は小沢氏40対菅氏60といずれも菅氏が大きくリ ード。拮抗(きっこう)しているとされた国会議員(1人2ポイント) でも、小沢氏400ポイントに対し、菅氏は412ポイントと12ポイント 上回った。

ノーサイド

菅首相は臨時党大会での代表再選後のあいさつで、「選挙が終わっ たので約束した通り、ノーサイド。民主党全員が自分の力をフルに発 揮できる、そして挙党態勢で頑張り抜く、そのために全国会議員、全 党員の協力をお願いしたい」と指摘。

ただ、その後の記者会見で人事について「現時点ではまったくの 白紙だ。あすにも代表経験者など主だった方と会って、いろんな意見 を聞かせていただいた上で、それからのことは考えたい」と述べるに とどめた。首相はニューヨークでの国連総会に出席するため、21日ご ろに日本を出発する方向で調整していることも明らかにしており、人 事日程については15日の代表経験者らとの会談後に「しっかりと方向 性を出していきたい」と語った。

専門家の間には、菅首相の代表再選で政局が流動化する可能性を 指摘する声もある。

流動化

城西大学の霧島和孝教授は、今後の政局について「どちらが勝っ ても今後、政界再編含め、政界が流動化することだけは間違いない。 小沢氏は党内最大の勢力なので菅首相が勝っても、一気に党内で強い リーダーシップを取れることは考えられず、首相勝利の方が政局は流 動化すると思う」と指摘していた。

小沢氏の「知恵袋」と言われ、「わが友・小沢一郎」(幻冬舎)な ど小沢氏に関する著書のある平野貞夫元参院議員は11日放映されたテ レビ東京の番組で、「菅さんは小沢さんを要職に就かせない。そうする と混乱が起きて政策も実行できない。大きな変化が起きれば菅さんは 退かざるを得なくなる」との見通しを示していた。

首相の代表再選を受け、東京外国為替市場では円が対ドルで約15 年ぶりに高値を更新、一時、1ドル=83円9銭を付けた。首相には、 円高への対応やデフレ脱却、雇用対策など経済運営での課題が山積し ている。

首相は臨時党大会での演説で、当面の政策課題について「最も緊 急かつ、強力に解決を図らなければならないのは経済を立て直すこと、 そして雇用の安心を確立することだ」と強調。その上で、「成長戦略を はじめメニューはでき上がっている。いよいよ本格稼働し、国民の期 待に応えなければならない」との決意を示した。

新成長戦略

選挙戦で、菅首相は雇用の確保を重点に置いた政策を強調し、10 日には雇用奨励金の創設などを柱とする緊急経済対策を策定。同日開 かれた公開討論会では、「年内に補正予算を組むことも視野に入れて、 景気を下支えし、新成長戦略の前倒しをこの中でやっていく」と語っ ていた。

これに対し、小沢氏は今年度予算に盛り込まれた経済危機対応予 備費と国庫債務負担行為限度枠の計2兆円を「直ちに執行」し、状況 次第では2兆円の予算枠を超えた財政出動の必要性を訴えた。

円高対策では小沢氏は「急激な円高は弱いところにしわ寄せがく るので、何としても止めないといけない」と日本の単独介入も辞さな い覚悟で臨むべきだと主張。14日の臨時党大会での演説では、景気対 策に関し、「日銀法改正などの制度改革やインフレターゲット政策も視 野に入れるなど金融政策と財政政策の両面からあらゆる手段を尽くす」 と述べ、日本銀行法改正にも言及した。

一方、菅首相は「急激に乱高下する状況は日本経済に支障がある ので断固たる措置を取る」と述べ、介入を含む対策を検討する方針を 示していた。

--取材協力:小宮弘子Editor:Hitoshi Sugimoto, Hitoshi Ozawa

参考画面: 参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

Sachiko Sakamaki