香港の富豪、李嘉誠氏:息子の資産運用会社パインブリッジを起用

香港の富豪、李嘉誠氏の基金は、 息子である李沢楷(リチャード・リー)氏が今年、米保険会社アメリ カン・インターナショナル・グループ(AIG)から買収した資産運 用会社、パインブリッジ・インターナショナルを起用し、一部資産の 運用に当たらせる。

同基金の広報担当者、ローラ・チョン氏によると、パインブリッ ジは同基金の資産から約3億ドル(約250億円)を運用する。同基金 は70億ドルを超える寄付基金の約95%を直接運用するが、残りは外 部企業に委託しているとチョン氏はインタビューで明らかにした。

IGインベストメントで運用に携わるティム・レオン氏は、パイ ンブリッジが「個人富裕層の関心を引くような特別な商品を提供する だろう。李氏も潜在顧客の1人であることは明らかだ」と指摘した。

パインブリッジの広報を担当するPR会社フィンズベリーのタリ ラ・ドラカー氏によると、パインブリッジはコメントを控えている。