ノルウェー首相:ギリシャのデフォルトはない、IMFプログラム順調

ノルウェーのストルテンベルグ 首相は、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥るとは予想してい ないと述べた。ノルウェーの政府系ファンド(SWF)はこれより先、 長期的な投資の展望により、債務に苦しむギリシャの国債購入が可能 になったとの見方を示していた。

ストルテンベルグ首相は13日、オスロでのインタビューで、 「国際通貨基金(IMF)の審査によると、ギリシャは正しい軌道を 進んでいる」と発言。「もちろん、同国が進むべき道のりは長い。し かし、ギリシャは正しい軌道を進んでいる」と続けた。ギリシャがデ フォルトに陥ると予想しているかとの問いには、「ノー」と答えた。

ノルウェーの政府年金基金グローバル(運用資産4500億ドル= 約37兆7500億円)が8月に明らかにしたところによると、同基金 は4-6月(第2四半期)にギリシャをはじめ、スペインやイタリア、 ポルトガルの国債を購入した。ノルウェーのヨンセン財務相は8月、 同基金の長期的な投資見通しで、より変動の大きい保有資産の購入が 可能になるとしたほか、同基金のポートフォリオのリスク水準を支持 すると話していた。同基金のスリングスタッド最高経営責任者(CE O)は8月13日、ブルームバーグに対し、欧州周縁国の国債のリス クリターン率は良好と評していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE