ドイツの銀行「著しい」資本増強が必要に-ツァイトラー連銀副総裁

ドイツ連邦銀行のツァイトラー副総 裁は、国際決済銀行(BIS)バーゼル銀行監督委員会が合意した銀行 の新資本規制により、国内の銀行は「著しい」資本増強を必要とすると の見方を示した。同副総裁は13日、フランクフルトで記者会見し、新し い自己資本規制案である、いわゆる「バーゼル3」は「受け入れ可能な 妥協」だと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE