国交相:高速鉄道を加州知事に売り込み、来年早々にはセミナー開催

来日中のアーノルド・シュワル ツェネッガー米カリフォルニア州知事は13日夕、前原誠司国土交通 相と都内で会談した。国交相は、日本の新幹線が地震に強く安全性に 優れるなど加州導入への利点を伝えたほか、日本が来年早々にも加州 で高速鉄道セミナーを開催すると知事に表明したことを、会談後に国 土交通省で記者団に明らかにした。米国では1月のワシントンDC、 6月末のシカゴと、これまで2回の高速鉄道セミナーを開催している。

前原国交相によると、シュワルツェネッガー知事からは、加州に とって高速鉄道が大きな計画であり、14日の新幹線試乗を楽しみに しているなどとの発言があった。また、今年中に、どの国、どの会社 にするのか選定を進めたいと述べたという。

国際的に受注競争が激化している高速鉄道ビジネスをめぐり、日 本は加州などからの案件獲得を官民で目指している。日本企業の受注 に向け、国際協力銀行が先進国向けも投資金融ができるように制度を 改正した。

米国高速鉄道マップ