ストロスカーンIMF専務理事:危機が過ぎ去ったと考えるのは間違い

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は13日、危機が過ぎ去ったと考えるのは「間違い」だと 述べた。

同専務理事はオスロでの会議で、経済成長が「十分ではない」とも 指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net