すず相場:17.5%高騰か、需要拡大で供給不足へ-豪マッコーリー

ロンドン金属取引所(LME)で 今年最も高い上昇率を示しているすずが高騰する可能性があるとの見方 を、オーストラリアのマッコーリー・グループが示した。供給が需要に 追い付かないためとしている。

ジム・レノン氏らマッコーリーのアナリストはリポートで、すず相 場が1トン当たり2万1600ドルから17.5%上昇するとの見通しを示 した。ブルームバーグの算定によると、上昇後の水準は2万5380ドル。 すず相場は2008年5月15日、過去最高値の2万5500ドルに達した。 その後、世界的なリセッション(景気後退)の影響で下落し同年12月 には1万ドルを割り込んだ。

アナリストらの13日のリポートによると、LMEのすず在庫は先 月、世界消費の5.6週分と、09年後半の8.2週分から減少。はんだや ブリキの需要が改善しているため、今年は供給が1万7000トン不足す る可能性があるという。09年は供給過剰だった。

リポートは、すず供給は「少なくとも来年にかけて」消費に追い付 かない可能性があると指摘。現行水準の2万1600ドルから「17.5%上 昇する余地があるだろう」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE