【テクニカル分析】アジア株、「ゴールデンクロス」が一段高を示唆

アジア株の指標、MSCIアジ ア太平洋指数(日本除く)は5月以降19%高となり、今後もさらに 上昇する可能性があると、昨年の上げ相場を的中させたテクニカル指 標が示唆している。

アジアの先進・新興10カ国・地域の株価動向を反映する同指数 は、50日移動平均線が9月10日に200日線を上抜けし、強気シグ ナルの「ゴールデンクロス」を形成した。前回、この動きが見られた のは昨年5月で、その後今年4月15日までに同指数は40%上昇し た。

野村ホールディングスのクウォンツアナリスト、タッキー・チェ ン氏(香港在勤)は「大きなトレンドである場合、ゴールデンクロス とデッドクロスは株式の買いと売りのタイミングを示す有効な指標の 一つだ」と指摘。その上で、4月15日の日中高値「441.75付近の 水準にとどまった後に上抜けするまでは、大きなトレンドと判断すべ きではない」との見方を示した。

9月10日の終値を基準にすると、その水準に達するためにはさ らに4.7%の上昇が必要となる。

-- Editors: Nick Gentle, Nicolas Johnson.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Lynn Thomasson in Hong Kong at +852-2977-6612 or lthomasson@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net.