米ボーイング:今後20年間の航空機需要、オセアニア地域は920機に

米航空機メーカー、ボーイング はオーストラリアとニュージーランド、南太平洋の島々で構成される オセアニア地域では今後20年間に、新たに航空機920機、1200億 ドル(約10兆円)相当の需要が生まれるとの見通しを示した。

同社が電子メールで配布した資料によると、世界の航空業界全体 では2029年までに3万900機が必要と見込んでいる。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Robert Fenner in Melbourne at +61-3-9228-8705 or rfenner@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rebecca Keenan at +61-3-9228-8721 or rkeenan5@bloomberg.net