仙谷氏:漁船接触事件、丹羽大使の未明呼び出しは遺憾(Update1)

仙谷由人官房長官は13日午前の 会見で、中国漁船と巡視船との尖閣諸島付近での接触事故に関連し、 中国政府が日本の丹羽宇一郎大使を未明に呼び出したのは「遺憾」と 述べ、中国側に自制を求めた。

仙谷氏によると、中国の戴秉国・国務委員が12日午前1時すぎ (日本時間)、丹羽大使を呼び出したという。仙谷氏は「こういう時 間帯に丹羽大使を呼び出すということは遺憾であり、いずれにしても 我が国としては冷静に対応をしている」と述べた。

一方、公務執行妨害で逮捕・送検した船長以外の乗組員14人に ついて仙谷氏は、参考人としての聴取がすめば日本に置く権限はない とし、13日午後にも飛行機で帰国するとの見通しを示した。

逮捕・送検した船長に対しては「国内法に従って粛々と手続きを 進めている」と語った。また、中国が東シナ海ガス田開発をめぐる日 本との協議を延期したと伝えられたことについては、衝突事件とガス 田問題は「レベルの、あるいは問題の筋が違う話だ」とも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE