川崎近船株が反発、運賃上昇や燃油下落で業績予想上方修正-増配も

川崎近海汽船株が反発。一時、前週 末比5.7%高の258円と2009年9月14日以来、1年ぶりの上昇率を記録し た。運賃上昇や高稼働の維持、燃油価格が想定を下回ったことなどか ら、 10日付で4-9月の連結純利益を従来比50%増の10億5000万円に 上方修正。これに伴い、中間配当を従来予想の4円から5円に増額し、 買いが先行した。