オンコセラ株が急騰、がん治療用ワクチンに期待-みずほ証が高評価

がん治療薬の開発に強みを持つオ ンコセラピー・サイエンスの株価が急騰。前週末比6.3%高の16万 9800円まで買われ、7月26日(12%高)以来、約1カ月半ぶりの上昇 率を記録した。すい臓がんを対象としたがん治療用ワクチン「OTS 102」(血管新生阻害薬)の収益寄与を期待する向きが増えたようだ。

みずほ証券は10日付で同社株の投資判断を「アウトパフォーム」 と設定し、調査を開始した。OTS102は11月開催予定の効果安全性 評価委員会で、第3相臨床試験(フェーズ3)の中間結果が議論される 見込み。岩田俊幸シニアアナリストは「判断によっては2012年の承認 発売が見込める」と指摘する。

岩田氏は、OTS102が12年に発売となった場合、15年3月期の 連結1株利益(EPS)を1万4200円と予想。これに米バイオテクノ ロジー企業の理論株価算出方法を当てはめ、目標株価を23万9700円と した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE