VW:2カ月半空席の米国CEO、GM出身のブラウニング氏-関係者

欧州最大の自動車メーカー、ド イツのフォルクスワーゲン(VW)は、シュテファン・ヤコビー氏 の後任となる新たな米国部門の最高経営責任者(CEO)を13日に 公表することを明らかにした。同職は2カ月半空席となっていた。

正式な発表前だとして事情に詳しい関係者1人が匿名で語った ところによれば、新CEOに指名されるのは元ゼネラル・モーター ズ(GM)幹部で、VWに6月に入社したジョナサン・ブラウニン グ氏。同社の広報担当者、シュテファン・オーレッツ氏はコメント していない。

ブラウニング氏(51)は6月、VWの国際的な販売会社の調整 改善のために採用された。GMでは退社直前に、世界販売・マーケ ティング担当バイスプレジデントを務めていた。同社は現在、VW 車で米国で最も売れている小型乗用車「ジェッタ」の新型モデル導 入の最終段階にあるほか、テネシー州工場を開設し、米市場だけを 対象に製造される初めての乗用車出荷に向けて準備を進めている。