日本株3連騰、景気懸念薄れ輸出買い-規制決まり銀行も

東京株式相場は3日続伸。米国の 良好な経済統計を受け世界景気の先行き不安が和らいだほか、為替の 落ち着きも好感された。自動車や精密機器など輸出関連株が上昇、海 外原油市況高を好感し、鉱業など資源関連株も高い。国際的な自己資 本規制の詳細が決まり、当面の増資懸念の後退で銀行株も買われた。

日経平均株価の終値は前週末比82円65銭(0.9%)高の9321円 82銭、TOPIXは同3.93ポイント(0.5%)高の837.65。

トヨタアセットマネジメントの浜崎優チーフストラテジストは、 「世界経済の先行きを映す鏡として米国の経済指標に市場参加者が敏 感に反応している」と指摘。9月に入り予想を上回る米経済指標の発 表が目立ち始め、「過剰なリスク回避が巻き戻されており、足元の世界 的な株高につながっている」との認識を示した。

米商務省が10日に発表した7月の卸売在庫は前月比1.3%増加。 2008年7月(1.5%増)以来、2年ぶりの高い伸びを示した。エコノ ミスト予想の中央値(0.4%増)も大きく上回り、「7-9月期の米経 済成長率を押し上げるとの期待を高めたほか、為替がやや円安方向で 推移したことも輸出株の追い風」だったとマネックス証券の金山敏之 マーケット・アナリストは言う。日経平均のプラス寄与度上位にはフ ァナックや京セラ、東京エレクトロン、ホンダ、TDKなどが並んだ。

バーゼル委決定、報道に沿う内容で安心感

また、10日のニューヨーク商業取引所では、原油先物相場が前日 比3%高の1バレル=76.45ドルで終了。カナダ産原油を米中西部の 製油所に輸送するパイプラインが原油流出のために稼働を停止したこ とを手掛かりに、買いが集まった。原油価格高が収益のプラス要因と なる国際石油開発帝石、昭和シェル石油、JXホールディングスなど 資源関連株の上げも目立った。

このほか、銀行株も上昇。三菱UFJフィナンシャル・グループ、 みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの 3大金融グループはそろって高い。

国際決済銀行(BIS)のバーゼル銀行監督委員会は12日、国際 業務を行う銀行の健全性を維持する新たな自己資本規制を発表。中核 資本(コアティア1)基準を新しく設け、リスク資産に対する比率を 実質的に7%以上に維持することで合意した。事前の報道に沿う内容 で、銀行の新たな増資懸念がひとまず和らいだ格好。「より厳しい規制 を想定する向きもあっただけに、銀行株の買い戻しにつながった」と 野村証券の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリストは話していた。

1カ月ぶり高値回復後に伸び悩む

日経平均は朝方に151円高の9390円まで上げ幅を広げ、取引時間 中としては8月11日(9445円)以来、およそ1カ月ぶりの高値水準 を回復したが、その後は伸び悩んだ。中国で11日に発表された8月の 消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.5%上昇と、1年10カ月ぶ りの高い伸びを記録。中国政府によるインフレ率の通年目標である 3%を超過し、「金融引き締め観測が再燃することへの警戒感が、日本 株にも上値抑制要因として働いた」と、マネクス証の金山氏は言う。

また、民主党代表選を14日に控え、様子見気分の強さも伸び悩み の一因。野村証の佐藤氏は、「代表選の結果を受けた金融市場の反応を 見極めないと、積極的には動きにくい」としていた。

東証1部の売買高は概算で14億4986万株、売買代金は1兆339 億円。騰落銘柄数は上昇795、下落679。業種別33指数では鉱業、空 運、非鉄金属、石油・石炭製品、銀行、精密機器、輸送用機器、海運 など27業種が上昇。電気・ガス、陸運、小売、鉄鋼など6業種が安い。

サイボウズやGSユアサ買い、NISG上場来安値

個別では、主力ソフトの保守サービス収入が伸び、2-7月の連 結決算が会社計画を上回ったサイボウズが急伸。電気自動車の生産拡 大により、リチウムイオン電池事業の収益化が前倒しになるとの期待 を背景にジーエス・ユアサ コーポレーションも大幅高。午前終了後に 自社株買い実施の方針を示したツガミは、午後の取引で急伸した。

半面、景気動向の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄の一角が 売られ、東京電力や北陸電力など電力株が下げ、JR東日本など陸運 株、田辺三菱製薬など医薬品株の一角も売られた。民事再生法を申請 した日本振興銀行の株式と債権を保有していると10日に発表したN ISグループは急落し、上場来安値を更新。今期(2011年2月期)業 績予想を9日に下方修正した乃村工芸社は大幅続落。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前週末比0.3%高の48.35、 東証マザーズ指数が0.4%高の379.69、大証ヘラクレス指数は0.2% 高の575.30とそろって小幅に3日続伸。

個別では、今期(11年7月期)業績予想を上方修正したサムコが 買われ、野村証券が新たに始めたスマートフォン向けサービスに対し、 デバッグサービスを提供すると発表したデジタルハーツ、みずほ証券 が投資判断を「アウトパフォーム」で調査を開始したオンコセラピー・ サイエンスも大幅高。中国で出前館事業を開始するとした夢の街創造 委員会は急騰した。半面、ミクシィ、アクロディア、インデックス・ ホールディングス、中小企業投資機構、ニッシン債権回収が安い。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京  河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE