民主:午後に代表選、菅・小沢両氏が一騎打ち-鍵握る国会議員票

民主党は14日午後2時から東京 都内で開く臨時党大会で、任期満了に伴う代表選を行う。再選を目指 す菅直人首相と小沢一郎前幹事長による一騎打ちの構図。報道各社の 情勢分析で優勢とされる菅首相に対し、小沢氏陣営は最終的な鍵を握 っている国会議員票の上積みに望みをつないでいる。

代表選は同党所属の国会議員と地方議員、党員・サポーターに投 票権があり計1222ポイントを争う。内訳は、11日に郵便投票が終了 した地方議員票(2382人)は100ポイント、一般党員・サポーター (約34万人)は300ポイントで、14日に投票を行う国会議員(411 人)は1人につき2ポイントの計822ポイントと全体の約67%を占め る。14日中に開票され、結果が発表される。

早稲田大学の日野愛郎准教授は代表選の情勢について「今回はメ ディアが詳細な票読みを報道し、勝ち馬に乗りたいというアナウンス メント効果が働くので菅氏に票が流れる可能性が理論的には高い」と 菅首相が優勢との見方を示す。

これに対し、小沢氏の「知恵袋」と言われ、「わが友・小沢一郎」 (幻冬舎)など小沢氏に関する著書のある平野貞夫元参院議員は11日 放映されたテレビ東京の番組で、「最後まで分からない。まったくの 拮抗(きっこう)だ」と語っている。

共同通信社が9、10両日に実施した代表選に関する世論調査によ ると、代表になってほしい候補者として菅首相が8月27、28両日の 前回調査から2.6ポイント減の67.3%で、7.2ポイント増の22.8% だった小沢氏を依然として大きく上回った。

経済政策

小沢氏は選挙戦中、2009年衆院選で掲げたマニフェスト(政権公 約)の実現に全力を挙げる考えを強調。国有資産の証券化や高速道路 建設のための無利子国債発行など独自の財源確保策も提案した。

景気対策について小沢氏は今年度予算に盛り込まれた経済危機対 応予備費と国庫債務負担行為限度枠の計2兆円を「直ちに執行」し、 状況次第では2兆円の予算枠を超えた財政出動の必要性を訴えた。こ れに対し、菅首相は「一に雇用、二に雇用、三に雇用」と雇用の確保 を重点に置いた政策を強調した。

円高対策では小沢氏は「急激な円高は弱いところにしわ寄せがく るので、何としても止めないといけない」と日本の単独介入も辞さな い覚悟で臨むべきだと主張。菅首相は「危機感はかなり早くから持っ ていた」とし、「日銀との共同歩調も念頭に置いて、まず対策を打ち 出した」と主張した。

-- Editor:Hitoshi Sugimoto, Hitoshi Ozawa

参考画面: 参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net