月例経済報告:過去の基調判断(表)

内閣府が発表した 過去の基調判断の一覧は以下の通り。

9月の月例経済報告の詳細および過去の発表資料は、 http://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei.html.

================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
         ---------------------------------2010---------------------------------
9月     景気は、引き続き持ち直してきており、自律的回復に
         向けた動きもみられるが、このところ環境の厳しさは増している。
         また、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
8月     景気は、着実に持ち直してきており、自律的回復への基盤が整いつつ
         あるが、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
7月     景気は、着実に持ち直してきており、自律的回復への基盤が整いつつ
         あるが、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
6月     景気は、着実に持ち直してきており、自律的回復への基盤が整いつつ
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
         あるが、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
5月     景気は、着実に持ち直してきているが、なお自律性は弱く、
         失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある。
4月     景気は、着実に持ち直してきているが、なお自律性は弱く、
         失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある。
3月     景気は、着実に持ち直してきているが、なお自律性は弱く、
         失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある。
2月     景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、
         失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
1月     景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、
         失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
         ---------------------------------2009---------------------------------
12月     景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、
         失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
11月     景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、
         失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
10月     景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
         失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。
9月     景気は、失業率が過去最高水準となるなど厳しい状況にあるものの、
         このところ持ち直しの動きがみられる。
8月     景気は、厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きがみられる。
7月     景気は、厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きがみられる。
6月     景気は、厳しい状況にあるものの、一部に持ち直しの動きがみられる。
5月     景気は、厳しい状況にあるものの、このところ悪化のテンポが
         穏やかになっている。
4月     景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある。
3月     景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある。
2月     景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある。
1月     景気は、急速に悪化している。
         ---------------------------------2008---------------------------------
12月     景気は、悪化している。
11月     景気は弱まっている。さらに、世界経済が一段と減速するなかで、
         下押し圧力が急速に高まっている。
10月     景気は、弱まっている。
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
9月     景気は、このところ弱含んでいる。
8月     景気は、このところ弱含んでいる。
7月     景気回復は足踏み状態にあるが、このところ一部に弱い動きが
         みられる。
6月     景気回復は足踏み状態にあるが、このところ一部に弱い動きが
         みられる。
5月     景気回復は、このところ足踏み状態にある。
4月     景気回復は、このところ足踏み状態にある。
3月     景気回復は、このところ足踏み状態にある。
2月     景気は、このところ回復が緩やかになっている。
1月     景気は、一部に弱さがみられるものの、回復している。
         ---------------------------------2007---------------------------------
12月     景気は、一部に弱さがみられるものの、回復している。
11月     景気は、このところ一部に弱さがみられるものの、回復している。
10月     景気は、このところ一部に弱さがみられるものの、回復している。
9月     景気は、このところ一部に弱さがみられるものの、回復している。
8月     景気は、生産の一部に弱さがみられるものの、回復している。
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
7月     景気は、生産の一部に弱さがみられるものの、回復している。
6月     景気は、生産の一部に弱さがみられるものの、回復している。
5月     景気は、生産の一部に弱さがみられるものの、回復している。
4月     景気は、生産の一部に弱さがみられるものの、回復している。
3月     景気は、消費に弱さがみられるものの、回復している。
2月     景気は、消費に弱さがみられるものの、回復している。
1月     景気は、消費に弱さがみられるものの、回復している。
         ---------------------------------2006----------------------------------
12月     景気は、消費に弱さがみられるものの、回復している。
11月     景気は、消費に弱さがみられるものの、回復している。
10月     景気は、回復している。
9月     景気は、回復している。
8月     景気は、回復している。
7月     景気は、回復している。
6月     景気は、回復している。
5月     景気は、回復している。
4月     景気は、回復している。
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
3月     景気は、回復している。
2月     景気は、回復している。
1月     景気は、緩やかに回復している。
         ---------------------------------2005---------------------------------
12月     景気は、緩やかに回復している。
11月     景気は、緩やかに回復している。
10月     景気は、緩やかに回復している。
9月     景気は、企業部門と家計部門がともに改善し、緩やかに回復している。
8月     景気は、企業部門と家計部門がともに改善し、緩やかに回復している。
7月     景気は、弱さを脱する動きがみられ、緩やかに回復している。
6月     景気は、弱さを脱する動きがみられ、緩やかに回復している。
5月     景気は、一部に弱い動きが続くものの、緩やかに回復している。
4月     景気は、一部に弱い動きが続いており、回復が緩やかになっている。
3月     景気は、一部に弱い動きが続いており、回復が緩やかになっている。
2月     景気は、一部に弱い動きが続いており、回復が緩やかになっている。
1月     景気は、一部に弱い動きがみられ、このところ回復が緩やかになっている。
         ---------------------------------2004----------------------------------
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
12月     景気は、一部に弱い動きがみられ、このところ回復が緩やかになっている。
11月     景気は、一部に弱い動きはみられるが、回復が続いている。
10月     景気は、堅調に回復している。
9月     景気は、堅調に回復している。
8月     景気は、企業部門の改善が家計部門に広がり、堅調に回復している。
7月     景気は、企業部門の改善が家計部門に広がり、堅調に回復している。
6月     景気は、企業部門の改善が進み、着実は回復を続けている。
5月     景気は、企業部門の改善に広がりがみられ、着実な回復を続けている。
4月     景気は、企業部門の改善に広がりがみられ、着実な回復を続けている。
3月     景気は、設備投資と輸出に支えられ、着実な回復を続けている。
2月     景気は、設備投資と輸出に支えられ、着実に回復している。
1月     景気は、設備投資と輸出に支えられ、着実に回復している。
         ---------------------------------2003----------------------------------
12月     景気は、持ち直している。
11月     景気は、持ち直している。
10月     景気は、持ち直しに向けた動きがみられる。
9月     景気は、持ち直しに向けた動きがみられる。
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
8月     景気は、おおむね横ばいとなっている。株価やアメリカ経済の動向など、
         我が国の景気を巡る環境に変化の兆しがみられる。
7月     景気は、おおむね横ばいとなっているが、このところ一部に弱い動きが
         みられる。
6月     景気は、おおむね横ばいとなっているが、このところ一部に弱い動きが
         みられる。
5月     景気は、おおむね横ばいとなっているが、引き続き不透明感がみられる。
4月     景気は、おおむね横ばいとなっているが、引き続き不透明感がみられる。
3月     景気は、おおむね横ばいとなっているが、イラク情勢等から不透明感が
         増している。
2月     景気は、引き続き一部に持ち直しの動きがみられるものの、このところ
         弱含んでいる。
1月     景気は、引き続き一部に持ち直しの動きがみられるものの、このところ
         弱含んでいる。
         ---------------------------------2002----------------------------------
12月     景気は、持ち直しに向けた動きが弱まっており、おおむね横ばいで
         推移している。
================================================================================

発表月                            基調判断
================================================================================
11月     景気は、引き続き持ち直しに向けた動きがみられるものの、そのテンポは
         さらに緩やかになっている。
10月     景気は、引き続き一部に緩やかな持ち直しの動きがみられるものの、
         環境は厳しさを増している。
9月     景気は、一部に持ち直しの動きがみられるものの、環境は厳しさを
         増している。
8月     景気は、依然厳しい状況にあるが、一部に持ち直しの動きが見られる。
7月     景気は、依然厳しい状況にあるが、一部に持ち直しの動きが見られる。
6月     景気は、依然厳しい状況にあるが、底入れしている。
5月     景気は、依然厳しい状況にあるが、底入れしている。
4月     景気は、依然厳しい状況にあるが、底入れに向けた動きが見られる。
3月     景気は、依然厳しい状況にあるが、一部に下げ止まりの兆しがみられる。
2月     景気は、悪化を続けている。
1月     景気は、悪化を続けている。
         ---------------------------------2001----------------------------------
12月     景気は、悪化を続けている。
11月     景気は、一段と悪化している。
10月     景気は、引き続き悪化している。
9月     景気は、引き続き悪化している。
8月     景気は、さらに悪化している。
7月     景気は、悪化している。
6月     景気は、悪化しつつある。
5月     景気は、さらに弱含んでいる。
4月     景気は、弱含んでいる。
3月     景気の改善に、足踏みがみられる。
2月     景気の改善は、そのテンポがより緩やかになっている。
1月     景気は、家計部門の改善が遅れるなど、厳しい状況をなお脱していないが、
         企業部門を中心に自律的回復に向けた動きが継続し、全体としては、
         緩やかな改善が続いている。
================================================================================

出所:内閣府

--編集:Marco Babic