ブラジル株(10日):上昇、2週連続値上がり-金利見通しの改善で

10日のブラジル株式相場は上昇。 2週連続の値上がりとなった。資金調達コストの低下に向けた見通し の改善が、ブラジル石油公社(ペトロブラス)による750億ドル(約 6兆3000億円)規模の増資計画で同国株の需要が後退するとの懸念を 打ち消した。

ブラジル国営石油会社のペトロブラスは下落。3日に発表した増 資計画が響き今週は4.4%値下がりした。一方、化粧品メーカー国内 最大手のナトゥラ・コスメチコスは3.2%上昇。ブラジル中銀が年内 の政策金利据え置きを示唆したことで、小売りや建築関連株が今週の 相場上昇をけん引した。

ブラックフライアーズ・アセット・マネジメント(ロンドン)で 約 20億ドルの運用に携わるビル・ラドマン氏は電話インタビューで、「ブ ラジル経済にとってプラス材料が多い」と述べた。一方、「ペトロブラ スの増資は市場にとって逆風」と指摘。一部の投資家は増資に参加す るための資金確保で他のブラジル株の売却を強いられる可能性がある と説明した。

ボベスパ指数は前日比0.3%高の66806.79で終了。週間では0.2% 値上がりした。同指数構成銘柄のうち上昇は42銘柄、下落は23銘柄。 BM&Fボベスパ小型株指数は同0.3%高の1307.02。週間では1.5% 上げた。通貨レアルは0.1%安の1ドル=1.7213レアル。前日は1.7203 レアルだった。