NY外為(10日):円は下落、米国債利回り上昇でドル買い

ニューヨーク外国為替市場では、 円がドルに対して下落。投資家のリスク回避の動きが後退するなか、 米10年債利回りが1カ月ぶり高水準となったことで、米国資産への 需要が再び強まった。

円は主要16通貨のほとんどに対して値下がり。スイス・フラン も売られた。中国の輸入が市場予想よりも増えたことも手掛かりとな った。中国人民元は、週間ベースでは6月以降で最大の上げ。米政府 は中国当局に元高容認を求めて圧力を強めている。米10年債と日本 の10年債の利回り格差は2009年4月以来の最小から拡大した。

みずほフィナンシャルグループのシニア為替トレーダー、柳原秀 敏氏(ニューヨーク在勤)は、日米の金利差が注目されており、投資 家はドル買いに一段と楽観的になっていると指摘。米経済の先行きに 関して、前向きな見方が強まりつつあると加えた。

ニューヨーク時間午後4時16分現在、円は対ドルで前日比

0.5%安の1ドル=84円17銭(前日は83円78銭)。対ユーロで は0.6%値下がりし、1ユーロ=106円97銭(前日106円37銭)。 ユーロはドルに対し1ユーロ=1.2709ドル(前日1.2696ドル)。 一時1.2644ドルと、8月31日以来の安値を付ける場面があった。

スイス・フランは対ユーロで0.5%下げて1ユーロ=1.2956フ ラン(前日1.2887フラン)。対ドルでは0.4%安の1.0195フラ ン。

利回り格差

日本国債に対する米国債(10年債比較)の上乗せ利回りはこの 日、163ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に拡大。7日 に付けた146bpからは17bp広がっている。

中国税関当局の発表によれば、同国の8月の輸出は前年同月比

34.4%増加し、輸入も35.2%増えた。貿易黒字は200億3000万 ドルとなり、3カ月連続で200億ドルを超えた。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想は、輸出が35%増、輸入が

27.5%増だった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は対 ドルで0.2%上昇し、1ドル=6.7692元。週間では0.5%高となっ た。これは6月25日終了週(0.5%高)以来の大幅上昇。

ガイトナー長官

ガイトナー米財務長官は8日、ブルームバーグテレビジョンとの インタビューで、中国当局が人民元のより急速な上昇を容認する必要 があるとの認識を示した。米下院歳入委員会は来週、中国の為替政策 について議論する。

通貨戦略世界責任者、マーク・チャンドラー氏などブラウン・ブ ラザーズ・ハリマンのストラテジストらは、顧客向けのリポートで、 「対中強硬派の米議員らは、8月の中国の貿易黒字が3カ月連続で 200億ドルを超えたことを強調するだろう」と記した。