「しっかり」握手できる人は長生き-英国の研究が示す

握手をする時に相手の手をし っかりと握る人は、ビジネスで信頼を築くばかりでなく、長生きも できる。最近の研究が示した。

英医学研究審議会(MRC)の科学者の研究によると、握力 と歩行速度、椅子から立ち上がる時のスピード、平衡感覚の良さな どはいずれも、人間の寿命の指標となる。

MRCの生涯健康・加齢部門の科学者は、世界で行われた 33の研究結果を分析した。これらの研究は5万人余りを対象に 最大43年かけて実施されていた。分析結果は10日、ブリティ ッシュ・メディカル・ジャーナル誌で公表された。分析責任者のレ ーチェル・クーパー氏によると、握力やその他の項目でスコアの高 い被験者は低い参加者に比べ長生きだった。

握力や歩行速度を測ることが、健康状態の把握と医療について の判断に役立つ可能性があると研究者らは指摘する。「これらの手 軽に測定できる数値が現在と将来の健康について知る指標になる ならば、将来健康を損なう可能性が高く早期の措置が有効な患者を 医師が特定するのに役立つ」とクーパー氏は説明している。

項目のうち握力は、18歳以上の被験者について調べ、寿命と の関係は年齢層を問わず見られたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE