ゴールドマン:ジム・オニール氏を資産運用部門会長に指名

米ゴールドマン・サックス・ グループは、経済・商品・戦略調査部門の責任者、ジム・オニール 氏(53)を、資産運用部門ゴールドマン・サックス・アセット・ マネジメント(GSAM)の会長に指名した。

同社の10日の発表によると、オニール氏は引き続きロンドン で勤務する。ゴールドマンの投資運用部門の世界共同責任者、エ ド・フォースト、ティム・オニール両氏が直属の上司となる。この 人事は英当局の承認が必要だという。

発表資料によれば、GSAM会長は「世界の市場についてのオ ニール氏のグローバルな視点を最大限に生かすために新設された」 ポストで、同氏は世界的な投資についての見解をGSAMに提供す ると同時に執筆も続けるという。

オニール氏は1995年にパートナーとしてゴールドマンに加 わった。新興経済大国のブラジルとロシア、インド、中国を指すB RICsという略語は同氏が広めた。

GSAMは投資運用部門の中のファンド部門で、4-6月期の 運用資産は4.5%減の8020億ドル(約67兆3600億円)。1- 6月期の収入は前年同期比3%増の19億2000万ドルで総収入の 9%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE