ギリシャの銀行:流動性でECBへの依存が低下-8月に今年初

ギリシャの銀行は8月に、流動 性に関し欧州中央銀行(ECB)への依存が低下した。同国中銀が発 表したもので、低下は今年に入って初めて。

ギリシャ中銀が10日ウェブサイトで公表したところによると、 ギリシャの銀行が8月にECBのリファイナンスオペで借り入れたの は959億ユーロ(約10兆2400億円)だった。7月の962億ユー ロを下回った。

ナショナル・P&K・セキュリティーズは電子メールで配布した リポートで、ECBからの借り入れが「若干」減少したことは、市中 銀行からの預金流出が「あったとしても」大きくはなかったことを示 唆しているとしながらも、「ECBへの依存は予想し得る範囲の期間、 高止まりするとみられる」との見通しを示した。

ギリシャの銀行への預金残高は7月まで7カ月連続で減少した。 ECBからの借り入れは年初には497億ユーロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE