香港株(終了):上昇、輸出株がけん引-米雇用関連統計を好感

香港株式相場は上昇。ハンセン 指数は2週連続で値上がりした。米国の先週分の失業保険申請件数が 予想を上回って減少したことで、世界経済をめぐり楽観的な見方が広 がった。

売上高の75%を北米で稼ぐ電気機械メーカーのテクトロニッ ク・インダストリーズ(創科実業、669 HK)は2.3%高。昨年の総収 入のうち20%を北米が占めた英HSBCホールディングス(5 HK) は1.1%上昇し、ハンセン指数の上昇寄与度トップとなった。アジア 3位の証券取引所を運営する香港取引所(388 HK)は2.1%高。建設 予定のデータセンターに約10億香港ドル(約110億円)を投じると の発表が好感された。

海洋油田開発で中国最大の中国海洋石油(CNOOC、883 HK) や米ウォルマート・ストアーズなどに製品を納入するリー・アンド・ ファン(利豊、494 HK)も高い。

ハンセン指数は前日比90.12ポイント(0.4%)高の21257.39 で終了。週間では1.4%値上がりした。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比0.1%高の11835.93。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「最 近の経済指標は改善の兆しを若干示しており、投資家はこうした統計 に従来よりも反応している」と述べた上で、「投資家のリスク回避姿 勢はこれまでほど顕著ではない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE