今日の国内市況:日本株は先物主導で続伸、債券は下落-円が反発

東京株式相場は先物主導で続伸。 米国の新規失業保険申請件数が予想より大幅に減少し、景気や企業業 績に対する過度の懸念が後退した。自社株買いの材料もあったキヤノ ンをはじめ、電機や化学、機械など輸出関連株中心に上昇。海運や小 売株買われた。

日経平均株価の終値は前日比140円78銭(1.6%)高の9239円 17銭、TOPIXは6.88ポイント(0.8%)高の833.72。

取引開始時に算出された日経平均先物・オプション9月限の特別 清算指数(SQ)は9150円32銭となり、9日の日経平均の終値9098 円39銭を51円93銭上回った。

4日までの1週間の米新規失業保険申請件数が9日に発表され、 前週から2万7000件減少し45万1000件だった。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は47万件。

為替市場では、良好な経済指標を受けたリスク回避姿勢の後退と、 日本振興銀行(東京都千代田区)の破たんに対するペイオフ発動もあ って、一時は6日以来の円安水準となる1ドル=84円20銭台まであ った。

きょう大きな節目を通過した需給面では、上場企業の上期(4- 9月)決算期末である9月末が接近してきた。

一方、金融庁は10日付で日本振興銀行にすべての業務を停止する よう、行政処分を発令した。債務返済が不可能になったとの報告を受 けた措置で、破たんに伴い金融庁は一定金額までしか預金を保護しな いペイオフを初めて発動するが、きょうの全体相場への影響は限定的 だった。

東証1部の売買高は概算で21億9089万株、売買代金は同1兆 6661億円で、SQ算出に伴い増加した。値上がり銘柄数は1097、値下 がりは435。

債券は下落

債券相場は下落。前日の米国市場で株高、債券安となった流れを 引き継いで売りが先行した。午後に入ると5年債入札結果が低調だっ たことから需給悪化懸念が強まり、下げ幅が拡大した。一方、日本振 興銀行の経営破たんによる相場への影響は限定的だった。

東京先物市場で中心限月12月物は、前日比17銭安の141円45 銭で始まった。午前は141円40銭台を中心に推移したが、午後に入る と売りが優勢となり、一時は41銭安の141円21銭まで下げた。結局 は39銭安の141円23銭と、この日の安値圏で終了した。

財務省が10日に実施した表面利率(クーポン)0.4%の5年利付 国債(91回債)の入札結果は、最低落札価格が100円20銭、平均落 札価格は100円24銭となった。

最低落札価格は事前予想の100円24銭を下回った。小さければ好 調とされるテール(最低と平均落札価格差)は4銭と前回の1銭から 拡大。応札倍率は2.79倍となり、09年10月以来の低水準となった。

需給悪化懸念で、前回入札された5年物の90回債利回りは4.5bp 高い0.345%に上昇している。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の310回債利回 りは、前日比1.5bp高い1.135%で始まった。しばらく1.135-1.14% で推移していたが、午後2時以降に水準を切り上げ、一時は3.5bp高 い1.155%と3日ぶりの高水準を付けた。その後は1.15%で取引され た。

経営再建中の日本振興銀行は自力再建を断念し、東京地裁に10 日中に民事再生手続きを申し立てた。金融庁が同日、振興銀から債務 超過に陥り法的手続きを進める申し出を受けたと発表した。この破た んに伴い金融庁は一定金額までしか預金を保護しないペイオフを初め て発動する。

今回の破たんについて、同行は日銀当座預金に口座を持たず、民 間銀行間の決済システムに参加していない上、インターバンク市場で の資金調達もないため、短期金融市場に与える影響はないとみられて いる。日銀は朝方に金融システムの安定性に影響ないとする総裁談話 を発表した。

円が4営業日ぶり安値から反発

東京外国為替市場では午後の取引で円が対ドルで4営業日ぶり安 値から反発。朝方は日本振興銀行破たんのニュースなどを手掛かりに 円売りが先行したが、その動きも続かず。日本株の上昇に一服感が広 がるにつれ、リスク回避的な円買いが優勢となった。

ドル・円相場は1ドル=83円台後半で東京市場を迎えると、午前 11時前には一時、84円29銭まで円売りが進行。その後は急速に円が 下げ渋り、午後には一時、早朝の水準まで「全値戻し」となる場面が 見られた。

ユーロ・円相場も午前に一時、1ユーロ=106円80銭までユーロ 高・円安方向に振れたが、欧州不安がくすぶるなか、ユーロの上値は 重く、その後は106円台半ばを中心にもみ合う展開となった。

一方、ユーロ・ドル相場は午前に1ユーロ=1.2644ドルと約1週 間半ぶりの安値までユーロ売りが進んだが、午後にかけては1.26ドル 台後半までユーロが反発。1.2700ドル台まで値を戻す格好となった。

この日の東京市場は円売り先行で始まった。きっかけとなったの は日本振興銀破たんのニュース。金融庁は10日付で同行にすべての業 務を停止するように行政処分を発令した。債務返済が不可能になった との報告を受けた措置で、金融庁は一定金額までしか預金を保護しな いペイオフを初めて発動する。

また、前日には良好な米経済指標を背景に米長期金利が上昇。日 米金利差拡大や株高に伴うリスク回避圧力の後退、日本の円売り介入 への警戒感、輸入決済が集中する「五十日(ごとうび)」の仲値需要 (ドル買い・円売り需要)など円の圧迫材料も重なった。

国内では朝方発表された4-6月期の実質国内総生産(GDP) の2次速報が前期比年率1.5%増となり、1次速報の同0.4%増か ら 上方修正された。結果は事前の予想通り。

中国が発表した8月の貿易黒字(200億3000万ドル)は市場予想 (269億ドル)を下回ったが、3カ月連続で200億ドル(約1兆6900 億円)を超えた。輸出は前年同月比34.4%増、輸入は市場予想を上回 る同35.2%増だった。

投資家のリスク許容度改善が意識されるなか、為替市場では資源 国通貨を選好する動きが強まり、円は対オーストラリア・ドルで一時、 1週間ぶり安値を更新する場面が見られた。