対中制裁法案通れば、中国は米国債売却で対抗も-モルガンSローチ氏

モルガン・スタンレー・アジアの スティーブン・ローチ会長は、オバマ米大統領が選挙対策で中国人民 元を標的にした法案署名を迫られる可能性に触れ、それに反応して中 国が保有する米国債を売却するなど対抗措置を講じる恐れがあるとの 見方を示した。

米下院歳入委員会は来週、通貨が過小評価されていると見なされ る中国などに対して貿易制裁を発動する可能性を含んだ法案について 公聴会を開催する。また、米上院にも同様の流れがある。米商務省の データによると、中国の昨年の対米貿易黒字は2268億ドル(約19 兆360億円)。

ローチ氏はインタビューで、11月の中間選挙で上下両院での議席 を大幅に減らす可能性に直面しているオバマ大統領には、米議会から 法案が送付されれば署名しか選択肢は残されていないだろうと指摘。 そうなれば、中国が報復措置を取り、さらには米国債売却に踏み切る ことで、米金利に著しい上昇をもたらす公算があると述べた。

ローチ氏は「超党派による法案が米議会を通過した場合、オバマ 大統領が拒否権を発動することはないだろう」と語り、「下院さらに上 院でも議席を失う可能性があることを考慮すると、選挙前に署名を求 める法案が送付されれば、その成立を大統領は容認する公算が大きい」 と指摘。「これは大きな間違いとなるだろう」と付け加えた。

--Michael Forsythe. Editors: Bill Austin, Patrick Harrington.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Beijing at +86-10-6649-7580 or mforsythe@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Austin at +81-3-3201-8952 or billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE