菅首相:断固たる措置取る、急激な為替変動-小沢氏、介入の腹も

菅直人首相は10日午後、民主党の若 手議員が主催した代表選に向けた公開討論会で、「円高は中長期的には プラスの面もある」と指摘した。その上で「わたしも財務相も急激に乱 高下する状況は日本経済に支障があるので断固たる処置を取る」と述べ た。首相はまた「欧州はユーロ安に誘導しているといっていい状況だ」 と述べた。一方、同席した小沢一郎前幹事長は「円高には市場介入の腹 も決めていかなければいけない。政府は市場介入も辞せずということを 強く表明すべきだ」と強調した。