【コラム】解雇の元女性幹部が味わった「プラダこそ悪魔」-Wペセック

ボブリース里奈さんは日本のグ ロリア・スタイネム(米国のフェミニズム運動の活動家)ではない が、同氏こそはエコノミストが待望していたヒロインかもしれない。

ボブリース氏(36)は性差別でプラダを訴えたことで、フェミ ニズムの旗手とみなされ有名になった。プラダジャパンの販売担当 部長だった同氏は、同社社長に「醜い」と言われる嫌がらせを受け、 さらに不当解雇されたとして同社を訴えた。

このドラマはミラノやニューヨーク、パリではそれほど人の目 を引かないかもしれない。しかし、女性の権利というものが目新し い考え方である日本では、大いに注目に値する。日本女性は職場で 不当な扱いを受けても耐えるものだと思われている。それが世の中 というものだ、我慢しなさい――と。

ボブリース氏は我慢する気などないし、それは良いことだ。不 満 を抱いた結果、同氏は「日本病」の主因を浮かび上がらせること に誰よりも貢献してくれた。女性の労働力を無視するという慢性的 な病気は、成長を阻害し、公的債務を増加させ、出生率低下などそ の他の難題を日本にもたらしている。

ボブリース氏は先日、東京の喫茶店で筆者に、「頭が良くてやる 気と才能のある日本女性が大勢、不公平な扱いを受けることにうん ざりしている」と主張、さらにこう訴えた。「わたしは彼女たちの声 を代弁している。公平な扱いを要求する勇気を持たなくてはいけな い」。

経歴

ファッション界で18年働いたベテランでパーソンズ・スクー ル・オブ・デザイン(ニューヨークのファッション・アート・デザ イン・インテリア専門大学)卒業生の同氏は、プラダUSAとシャ ネルに勤め、ニューヨークとロンドン、パリ、ハワイで働いた。姓 が「ボブリース」なのは、パリでフランス人と結婚したためだ。

同氏の経歴を買った(はずの)プラダジャパンは、2009年4月 に40店舗500人の従業員を統括する管理職として同氏を採用した。 同氏に言わせれば、そこからトラブルが始まった。

ボブリース氏は、15人の女性従業員を「歳を取っている、太っ ている、醜い、感じが悪い、プラダのイメージじゃない」などとい う理由で解雇するよう命じられたという。さらに、同氏自身も体重 を減らして髪型を変えるように命令された。同氏はミラノの本社に 苦情を言い、そのすぐ後に解雇されたという。

プラダジャパンの広報担当者はこのコラムについて会社はコメ ントしないとし、ボブリース氏の訴えを否定した同社声明を読んで ほしいと述べた。プラダジャパンは先月、会社のイメージに傷を付 けられたとしてボブリース氏を逆提訴した。

説得力

わたしはボブリース氏の話には説得力があると思う。2人の元 プラダ従業員もボブリース氏の訴訟に加わった。

この事件は日本の問題をよく示している。国連女子差別撤廃委 員会の代表団が先月ボブリース氏と面談したのには理由がある。経 済協力開発機構(OECD)が日本に女性の地位向上を呼び掛けた のも同じ理由からだ。

日本の国民1人当たり所得は、政治や企業経営への女性の参加 度を反映している。現時点で、日経平均株価の構成企業で女性がト ップを務める会社はない。

2008年終盤のウォール街のメルトダウン(いわゆる「リーマン シ ョック」)で、女性ばかりが偏って大きな打撃を受けた。パート や契約社員として働く女性が多く、企業の業績が悪化したときに切 り捨てるのが容易だからだ。

国民の半分

日本の年功序列や男性中心の社会の中で、1億2600万人の国民 の半分である女性の活用は遅々として進まない。労働力の半分しか 利用しないというのは経済学的に最悪だ。日本は生活水準を上げる ために、使われない橋やダムや道路を作り、金利をゼロにしている。 一方で、女性という大きな集団の才能を使いこなすことには消極的 だ。

ボブリース氏は「女性の立場がここまでしか改善していないと 思うと残念だ」と言う。

ボブリース氏のように声を上げる女性が、日本にはもっと必要 だ。男性の指導者らが女性の地位向上のために闘ってくれると日本 女性が期待するなら、それは間違いだ。本物の変化を求めるなら、 女性たちは日本の経済界や政治システムの中でもっとその声が尊重 されるよう、要求しなければならない。それが、日本が能力主義社 会になる鍵だ。

社会的規範というのは力の強いものだ。そして、日本の社会規 範とはつまり、「出る杭は打たれる」ということだ。性差別はしばし ば、波風を立てたくない、スキャンダルになったときその中心にな りたくないという恐れから、表ざたにされずに終わる。

波風を立てよう

しかし、女性は波風を立てるべきなのだ。それも大きな波風が いい。日本の性差別は、修正不可能な問題のように思われがちだ。 それを口にすると、人々は分かったようにうなずいて肩をすくめる。

日本では、履歴書に写真を添付すること、生年月日を記すこと が当たり前になっている。東京の痴漢に対する地下鉄会社の解決策 が「女性専用車両」という隔離策であることに疑義を呈する声もほ とんどない。

小説と映画の世界では「プラダを着た悪魔」だが、ボブリース 氏のケースは「悪魔のようなプラダ」だろう。しかし、ボブリース 氏も同意するように、これは同氏1人の問題ではない。世界3位の 経済大国 の将来にかかわる問題だ。

そして、好むと好まざるとにかかわらず、ボブリース氏はこの 経済ドラマでの自分の役が「スタイネム」だと感じている。同氏の 新しい名刺には「ファッショニスタ・フェミニスタ(ファッション とフェミニズムの専門家)」とある。(ウィリアム・ペセック)

(ウィリアム・ペセック氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラ ム ニストです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE