日本原燃:4000億円増資へ、東電が1305億円引き受け(Update1)

日本原燃は10日、4000億円の増資 を実施すると発表した。同社の主要株主の電力各社などに対し引き受け を要請した。これを受け東京電力は同日の取締役会で引き受けを決定し た。

東電の引受額は1304億5420万円で、持ち株比率は20.56%から

28.60%に上昇する。中部電力、関西電力は現在、検討中。

原燃は試運転でトラブルが続いている使用済み核燃料再処理工場 (青森県六ケ所村)の稼働時期を当初予定していた今年10月から2年程 度延期する方針を固めている。

原燃の田中治邦企画部長は記者会見で、「向こう5年間で1兆2600 億円程度の資金需要があり、財務基盤強化が必要」と今回の増資の背景 を説明した。

増資で調達した資金は低レベル放射性廃棄物の貯蔵施設などの建設 費用などの費用に充当する予定。

原燃には電力9社に加え、日本原子力発電、日立製作所、東芝、三 菱重工業が出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE