中国:8月の貿易黒字、3カ月連続の200億ドル超

中国の貿易黒字は3カ月連続で 200億ドル(約1兆6900億円)を超えた。人民元が過小評価されて いると主張する米国との摩擦に一段と焦点が当たる形となった。

税関当局が10日ウェブサイトで発表した資料によれば、8月の 貿易黒字は200億3000万ドル。前年同月の157億ドルから拡大した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト34人の予想中央 値は269億ドル。輸出は前年同月比34.4%増、輸入は同35.2%増だ った。予想中央値は輸出が同35%増、輸入が27.5%増。

これにより、米議会で中国からの輸入品から自国産業を保護す るよう求める声がさらに強まる可能性がある。米下院歳入委員会は 来週、中国の為替政策に関する公聴会を開催する予定。

シティグループのエコノミスト、ケン・ペン氏(北京在勤)は 統計発表前、「人民元の上昇ペースが極めて緩慢な上、米中間選挙が 近づいていることからすると、米中間の緊張関係が再び激化するこ とは避けられない」と指摘した。

人民元先物(ノンデリバラブル・フォワード、NDF)は、今 後1年で現物の上昇率が1.3%程度にとどまる可能性を示唆してい る。現物は9日の上海市場で、1ドル=6.78元台で取引を終えた。