トヨタ:豪州で新型エンジン生産、アセアン地域にも供給へ

トヨタ自動車は10日、豪州の製造・ 販売子会社が2012年をめどに新型ガソリンエンジンを生産すると発 表した。豪州内で生産する普通乗用車「カムリ」や同ハイブリッド車 に搭載するほか、同車種を現地生産するベトナム、タイ、マレーシア にも供給を開始する。国外の供給規模は年間1万9000基。投資額は 118億円で、新たな雇用の予定はない。