NY原油時間外:3週間ぶり高値付近-景気回復で需要増加との見方

ニューヨーク原油先物相場は ロンドン時間10日午前の時間外取引で上昇し、3週間ぶり高値に 近づいた。米国とアジアの経済統計を受け、景気回復が燃料需要を 押し上げるとの見方が勢いを取り戻した。

原油先物は前週末比では1.5%上げている。米新規失業保険 申請件数が市場予想を上回る減少だったのに加え、日本の4-6月 (第2四半期)国内総生産(GDP)成長率が上方修正されたこと や、中国の原油輸入が増加したことが好感された。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)原油先物10月限は一 時、前日比1.64ドル(2.2%)高の1バレル=75.89ドルを付け た。ロンドン時間午前9時4分(日本時間午後5時4分)現在は

75.64ドルで推移。

ロンドンの先物取引所、ICEフューチャーズ・ヨーロッパで 取引されている北海ブレント原油10月限は、28セント高の77.69 ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE